ビデオスロットをプレイする上でのまとめ

ビデオスロットは、日本国内でもパチスロ店をメインに多くの機種が設置され、大衆向けの娯楽としても親しまれています。他にゲームセンターのメダルゲームとしても機種が設置され、老若男女を問わずプレイされることもあります。
しかし日本では国内でカジノ施設が建設されていないこともあり、世界的にはカジノにもビデオスロットが設置されています。

こうしたカジノのスロットとの違いをまとめるとジャックポットの払い出しの金額の単位が違ってくることです。
カジノの場合では特殊な図柄が揃ってしまうと億単位のお金を入手できる可能性があり、まさに一獲千金のゲーム性となります。

カジノの場合は、特殊な図柄が揃うと億単位のお金を入手できますが、一方では技術介入の要素がない特徴があります。技術介入の要素は打ち手の技術により、大当たりなどが左右されることを言います。

カジノのビデオスロットの場合、停止ボタンがなかったり、レバーがなかったりすることもなく、全くのプレイヤーの運任せとなります。ビデオスロットで遊技する場合のまとめとしては、カジノにある機種と日本国内のパチスロ店にある機種とは構造などの造りなどの面でも大きく異なっているケースが多いです。